借りたお金はいつ返すか

緊急でお金が必要で、借りられる所を見つけたからといって、普通無条件で借りにはいきません。借りたお金は返さなければならないので、返済方法や利息などの条件は当然気になります。例えば今日5万円借りたとして、いつまでにいくら返すのが普通なのでしょうか。

 

多くのカードローンでは、約定返済といって、定期的に決まった額を返済していきます。返済する金額は借入残高や借入限度額に応じて変動するのが一般的です。ただし、ある程度の幅があって、スライド式に変動していきます。

 

例えば借入残高10万円までは毎月2,000円の返済、20万円までは毎月4,000円の返済、といった具合です。50万円までは一律1万円の所があったり、毎月ではなく35日毎の返済であったりと、カードローンによって違いがあります。

 

しかし、例えば5万円借りたとして、毎月2,000円ずつの返済では、中々完済できません。早く返済したければ、随時返済といって、追加で好きな金額を返済できます。早く返済した方が気持ちも楽になりますし、何より利息が少なくなります。

 

例えば5万円を年利18.0%で借りたとして、1カ月にかかる利息は750円です。1カ月以内に一気に完済してしまえば利息はほとんどかかりません。給料日前に借りて、給料が入ったらすぐに返済するならば、利息をほとんど払わずに借入返済が可能になります。

 

返済金額は金利が低いからと言って少ないとは限らず、月々の返済額だけで見れば金利が高くても消費者金融の方が銀行よりも少ない場合があります。ただ、金利が低ければその分だけ最終的な支払い総額は抑えられるので、利息総額を抑えるなら三井住友銀行の頼れるカードローンで金利負担の小さな借り入れを進めるべきです。