借りるために必要な書類

どうしても今日中にお金が必要な時、消費者金融であれば遅い時間まで即日融資に対応しています。よく調べもせずに、銀行系のカードローンを適当に選んだら審査だけで数日かかったというケースもあります。最低限即日融資対応のカードローンを選ばなければいけません。

 

ただし、即日融資対応のカードローンを申込んだとしても、必要書類が揃わなければ手続きが完了しません。まず、本人確認書類が必要になりますが、免許証があればそれ程問題ありません。もしも免許証が用意できない場合には、保険証のみで本人確認書類と認めてもらえるカードローンを選びましょう。中には、保険証の場合には住民票などの補助種類が必要なカードローンもあります。

 

また、本人確認書類とは別に、所得証明書類の提示を求められる場合があるので、注意が必要です。他社からすでに借入れしている場合や、借入額が大きい場合には、所得証明書類の提示を求められます。たまたま手元に源泉徴収票があるようなケースの方が少ないはずです。書類の用意にとまどって間に合わないのではあまりにもったいないです。

 

これについては1つコツがあります。消費者金融の場合、50万円を超える金額の申込みには所得証明書が必要です。また、他社含めて借入れが100万円を超える場合にも必要です。そうならないよう申込み金額を抑えられれば、所得証明書の提示はほぼ免れます。

 

少額を借りるようにすれば面倒な書類の用意も少なく済みますので、必要以上の金額で希望を出さないのもポイントです。特に消費者金融の即日融資の来店不要手続きを進めたい場合などは、十分に注意をしておくと良いでしょう。